ブログ

ブログ

六角橋つつみ接骨院

  • 2019/09/27

肩の痛み・・・ ほっといたら大変なことに!

皆さんは、このような症状でお悩みではないですか?

・腕が痛くて挙げづらい…

・夜中に肩が痛くて起きてしまう…

・腕が全体的にだるくて痺れる…

・痛みで寝返りができない…

それは四十肩が原因かもしれません。


四十肩は、肩の痛み・重だるさだけではなく、

時には、頭痛・首の痛み・腕の痺れなどの

症状を引き起こします。


■四十肩の原因って?
ある日、突然肩に痛みが走ったら、それは

『四十肩』かもしれません!

医学的には肩関節周囲炎と呼ばれ、

一般的に、加齢による肩の血液循環の悪化や

それに伴う肩周辺の筋肉の炎症が原因だと言われています。


【急性期】【慢性期】【回復期】に分けられ、

◆急性期
①鈍痛:関節周囲の重だるさ、ピリッとした痛み

②間隔異常:関節周囲の間隔が鈍くなり
      首・肩・腕にまで張り感を感じる

③疼痛:ズキズキと疼くような痛みを感じ
    朝晩に痛みが強くなってくる

④夜間痛:何もしてなくても痛みが継続し
     夜寝る時に痛みが増し、寝付けない


◆慢性期
・夜間痛が軽くなる

・肩関節運動時に強い突っ張り感がある

・急性期の痛みにより、動かさない状態が続くと
 関節が硬くなり、可動範囲が減少します


◆回復期
・徐々に痛みが改善し、関節を動かせる範囲も広くなる

・運動しても痛みが出なくなる


四十肩において最も重要なことは、

慢性期に関節を硬くしないということです。

急性期に痛みがあるからと過保護に

関節を動かさなければ、関節の拘縮(硬くなること)

が進み慢性期の時期がどんどん伸びていきます。


当院では、運動療法をメインとしたリハビリを行い、

いち早く、回復期へと導きます。

肩の症状でお悩みの方は、まずはご連絡を!

 


一覧へ戻る

menu

LINELINE配信中!

TEL045-413-0223
  • [受付] 8:30〜20:00
  • [休診] 日曜日、祝日